価格もサポートも安心な専門ショップ「やすらぎの」へ
購入前無料相談実施中!

« 吉野家 | メイン | 第1回アンケート »

伝票辞書が使えない?

弥生会計には、よく使う仕訳や摘要を登録しておいて、入力するときに選択するだけで仕訳や摘要が入力できてしまう「辞書機能」(全部で4つ)があります。

・伝票辞書…伝票で使用します
・仕訳辞書…帳簿で使用します
・摘要辞書…伝票や帳簿で使用します
・簡単取引…簡単取引入力で使用します

伝票辞書を初めて使う際に、少しだけ戸惑う場合があるかもしれません。

振替伝票では[伝票辞書]ボタンが押せますが、

伝票辞書-1

入金伝票や出金伝票では[伝票辞書]ボタンが押せなくてびっくりするかもしれませんがソフトの異常ではありません。

伝票辞書-2

なぜかというと、新規データを作成したばかりの状態では、弥生が標準で登録しておいた辞書しか使えず、その中に現金取引がないからです。

自分で現金取引の伝票を登録すれば、もちろん入金伝票や出金伝票で[伝票辞書]ボタンが押せるようになりますが、「現金取引も登録しておいてくれれば」と思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.i-passo.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/49

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されませんので、しばらくお待ち下さい。)