価格もサポートも安心な専門ショップ「やすらぎの」へ
購入前無料相談実施中!

« 第1回アンケート | メイン | ウィンドウを素早く閉じる »

繰越処理のタイミング

弥生会計では、新しい年度の取引を入力できるようにするために「繰越処理」が必要となります。

繰越処理自体は、ウィザード形式で簡単に行うことが出来ますが、問題は「いつ繰越処理を行うか」です。

新しい年度に入ってすぐに繰越処理をすると、決算取引を入力するのに旧年度と新年度を行ったり来たりしなくてはいけないので面倒です。

かといって、繰越処理をしないと新年度の取引が入力できず処理が溜まっていくし…。

ひとつの目安ですが、現金・預金・借入金あたりは決算の数字が固まるのが早いので、これらの数字が固まったら繰越処理を行うのが良いかと思います。

だいたい新年度に入って3日~2週間になると思うのですが、皆さん如何でしょうか?

もちろん、「現金出納帳を毎日印刷して現金残高と確認する」という会社はすぐに繰越処理してください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.i-passo.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/51

コメント

やよい人 さん
こちらこそありがとうございます。
私も弥生人さんに貢献できるよう頑張ります。
弥生のソフトはバージョンアップを繰り返しだいぶ長く使ってますが、サポートセンターを使うことはほとんどありません。
弥生人さんのブログを見た方がよほど為になります。
今日も勉強になりました。
これからもよろしくお願いします

はじめまして、こんにちは!
ブログランキングから来ました。

弥生会計のブログっておもしろいですね!
これからも便利な使い方をお教えください。

私の気に入ってるワザは、
「Ctrl」+「F4」です。
元帳画面をダブルクリックして、
振替伝票を修正登録すると、
振替伝票が新規入力になってしまい、
元帳画面には戻らないですよね、
そんなとき「Ctrl」+「F4」を押せば、
手前の画面を閉じることでき、
元帳に戻れます!

ハッピーさん

サポートセンターに電話しなくても使えてしまうところが弥生会計の利点でしょうか。
というよりも、ハッピーさんのレベルが高いということだと思います。
操作方法の紹介だけでなく、運用方法も紹介していきたいと思います。

今日の気づきさん

Ctrl+F4ですか。
Windowsのショートカットキーで、アプリケーション内で開いているウィンドウを閉じるという機能ですよね。
知ってはいましたが弥生会計では使用したことがありませんでした。
さすがはプロならではの使用方法ですね。
教えていただきありがとうございました。早速、紹介させていただきます。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前に承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されませんので、しばらくお待ち下さい。)